発毛の薬

人気・実績トップランクの育毛剤はこちら▼

発毛の薬とは?

もしかしたら、毛生え薬は、古今東西を通じ、トップクラスのロングセラー商品かもしれません。
現在では、ネットワーク環境が整い、発毛に効果があったかなど、口コミであっという間に評判が広まってしまう事情もあり、粗悪品の排除にも貢献しています。

 

発毛剤のイメージとして、頭に直接振りかけるタイプの薬が一般的なものでしょう。
従来、化学物質の影響で頭皮がかぶれるなどのトラブルも、しばしば見受けられたものですが、現在では、天然成分が主体のものも開発され、ユーザー層の拡大に貢献しています。

 

この手の発毛剤では、現在、ミノキシジルが一般用医薬品として認可されています。
髪に栄養を届ける毛細血管を拡張させ、毛母細胞を活性化させることで、育毛を促すというものです。
大正製薬から「リアップ」の製品名で販売されていますが、少なくとも半年は続ける必要があるとされています。


飲み薬もある発毛薬

トニックのように頭に振りかけるタイプとは別に、飲むタイプの薬が、日本では2005年に承認されています。
プロベシアと呼ばれるもので、男性型脱毛症の改善に利用されています。
薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を阻害し、発毛につながるとされます。
やはり少なくとも半年は続ける必要があるとされ、結局、継続使用が原則となるということなのでしょう。

 

現在、発毛剤は、商品の性質上、人目を気にせずに購入できるメリットから、ネット通販が大いにもてはやされています。
この手の薬は、効くの効かないのと、トラブル発生の余地を完全に排除するのは、殆んど不可能ではありますが、全額返金キャンペーンなどのサービス提供で、メーカー側も、いろいろと企業努力を重ねているのが現状です。


人気の育毛シャンプー一覧表はこちらクリック!